top of page
  • 執筆者の写真ゆう

イギリス伝統の手縫いカーテン始めました!

皆様こんにちは!Livmoreのゆうです♩


今日は昨年より始めた、イギリス伝統の手縫いカーテンについてお話ししたいと思います。

2年ほど前に書いたブログ↓↓

覚えてくださっている方はいるでしょうか・・・笑


しかるべきタイミングが来たらお話ししたいと言っていたことが

「イギリス伝統の手縫いカーテン」を始めました!ということ!!笑



実は昨年イギリスへ短期留学へ行き、イギリス伝統の手縫いカーテン、

ソフトファニシング(クッションやベッド周りのファブリック素材のもの)の作り方を

学んできたのです!


学校はイギリスのボヴィンドンというところにあり、ロンドンから電車で1時間ほど。

先生のお父さんが牧場を経営していて、そこの一部で授業が行われるのですが

なんとも素敵すぎて、そこにいるだけで幸せ気分満載です♡笑




基本的に授業は月曜日〜金曜日、毎日9:00〜17:00まで!

小さなカーテンサンプルやクッションをいっぱい作りました。





そもそもイギリス伝統の手縫いカーテンとは、どんなものかというと・・・

表地・中綿・裏地の3枚で作られていて、1枚のカーテンとは全く違うボリューム感!

防音や断熱効果もあるみたいです。

そしてなんといっても、ドレープ感がゴージャスに仕上がります。

中綿・裏地があることで、表地が守られる効果もあるみたいです♩



そしてそして!ほぼ全ての工程を手縫いで仕上げていくのが、大きなポイント!

縫い目が見えないように美しく仕上げること

そして手縫いならではの、温かみのある仕上がりになるのが

何と言ってもこのカーテンの魅力ではないでしょうか♡



引越しなどでカーテンのサイズを変えたい時に、手縫いなので糸を解くのも簡単!

ミシンのように穴も目立たないので、仕立て直すことが出来る!

まさに日本の着物のような感じじゃないかと思うのです。


1つの窓のカーテンを仕上げるのに、1~2週間ぐらいはかかるのでしょうか?

ひたすらに手で縫っていく作業が、私にとってはとても楽しい時間なのです。

(そんな気が遠くなる作業やるなんて、信じられへん!と言う声も聞きますが笑)



私が作ってきたカーテンのサンプルをLivmoreでも飾っています。

ぜひ手で触ってみていただきたい!!

温かみ、ボリュームなどわかっていただけるかと思います♩


まだまだ日本で手縫いのカーテンの存在を知っている方は少ないですが

1人でも多くの方に、存在を知ってもらいたいと思います。

そして魅力を知って「愛着のある自分だけのカーテンが欲しい!」と

思ってもらえるよう、作り手として頑張っていきたいと思います♡


カーテンやベッドルームのコーディネートなど

オーダー受け付けておりますので、気になる方はいつでも気軽にご相談ください♩




ちょっと余談ですが・・・笑

留学中の滞在は、少し離れたバーカムステッドという街にいたのですが

古い建物が残っていたり、川が流れていたり、自然が多くのんびりした時間が過ごせて

またその街も最高に素敵でした!!!






週末はマーケットが開催されていたり、ちょうど滞在中に国王チャールズ3世の戴冠式も行われ、この街でもお祝いのパーティーがありました!

さすがにロンドンはすごい人だろうと思い、テレビで中継を見てました!笑





先生もその町に住んでいて、毎日の行き帰り車に乗せてくれていたのですが

10歳の息子さんの送り迎えがあるので、それも一緒に同行させてもらいました。


海外は、必ず子供の送り迎えをしなくてはいけないのですが

「今日は子供が早く授業終わるから、16時でレッスン終わりにするわね〜」

なんてことも多々あり・・・笑

日本では、まあ起こらない海外あるあるを体験し、なかなか楽しかったです!


こちらはキャンプへ行く息子さんを見送る様子。車で待つワンコと私。笑




すっかりワンコとも仲良くなり、愛犬Booちゃんに会えなくても寂しくなく

楽しいイギリス生活を送ることができました!


またカーテンやソフトファニシングについても

ブログで書いていきたいと思いますので、お楽しみに♡




足を踏まれる私・・・笑


閲覧数:32回0件のコメント

Comments


bottom of page