• ゆう

全ての選択は自分が決めたもの

こんにちは!Livmoreのゆうです♪

今日は、自分の話をしてみようかと思います!

(誰が興味あるねん!って突っ込まれそうですがお許しください笑)


私は小さい頃から母に「好きなことを早く見つけて、その道を進んだらいいよ」と言われて育ちました。

「そうか!」と素直に受け取った小学一年生の私は、音楽が大好きだったので「私は音楽の道に進むんだ〜!」と決めました!笑 

          

そして何にも誘惑されることなく、小学6年間ピアノを弾くことを楽しみ、中学・高校では吹奏楽に明け暮れ、大学でも音大にいくという・・本当に音楽だけする!という道を歩んでいました。笑


それから音楽活動したり、仕事したり・・・なんだかんだ楽しく暮らしていた29歳の頃。30代を前にしてちょっと自分の生き方を考えたんです。

その時に「あぁ〜あの時こうしてたらよかったな〜」と言わないで生きていきたい!と思ったのです。


そこで一番後悔しそうだと思ったのが「海外で暮らしてみる!」という願いでした。ずっと留学してみたいな〜と思いながら、英語喋れないし、海外って怖いよな〜とか色々言い訳しながら諦めていました笑 きっとこれは「あぁ〜あの時こうしてたらよかったな〜」と言ってしまうやつだ!!!!

そこで海外に行くことを決めて色々調べた結果、オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで行くことにしました!30歳になる1ヶ月前にドキドキ初海外暮らしへ向かったのです。





↓ホームステイでホストマザーが用意してくれたランチ。ほぼ果物。笑


結果メルボルンでの暮らしは、とても楽しく気付けば2年半も暮らしておりました笑


今思えば、私はとても幸せな環境にいたんだな〜と思うんです。音楽という世間的にいうと心配な道を受け入れてくれて、30歳を前に急に「海外に行く!」という娘を快く受け入れてくれた両親。


何かを選択するときに、親に反対されたり、身近な人に反対されて諦めることって珍しくないと思うのです。私は多分反対されると諦めるタイプだと思います。

そして「あの時反対されたからだ!」と誰かのせいにしていたと思います。笑


でもよく考えたら「反対された→諦める」と諦めるを選択したのは自分なんです!やっぱり自分が決めてるんですよね。反対されても諦めない!という選択肢もありますもんね。


それに気が付いてからは「反対されても一度経験してみる!」という選択になりました!もしかしたら「だから言ったのに!」と言われるかもしれませんが、自分が経験する方が後悔が生まれないんじゃないかと思うのです。そのおかげで私は楽しく生きております笑

インテリアは自己表現と言われています。お家の中のものは自分が選んできて入れ込んできてるんですよね。全ての選択を大切に、後悔なくできれば自分らしい空間、心地良い空間が得られるんではないでしょうか♡


人生のデザインも、お家のデザインも後悔しないように最高の選択をしていきましょう♫



暮らし、インテリアに関するセミナー・イベントは、こちらから♡




LivmoreのLINE公式アカウントに、お友だち登録していただくとお得なクーポンもらえます♡


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示