top of page
  • 執筆者の写真ゆう

賃貸でも出来る!自分らしい空間作りのコツ♡ vol.2~物件探しを始めてみた~

更新日:5月15日

こんにちは!

Livmoreのゆうです。


前回の「賃貸でも出来る!自分らしい空間作りのコツ♡vol.1」を

ご覧いただきありがとうございます♩

本日はvol.2、物件探しを始めた話をしたいと思います。


(まだvol1をご覧でない方はこちらからお読みください)


まず最初にやるべきことをやった結果・・・

私にとって、自分らしい空間作りをするために外してはいけないポイントは

・間取りはワンルーム or 1LDK

・キッチンは壁付で、ある程度大きいサイズ、前にカウンターを置けるスペースが必要

・リビングは広く

・窓はできれば高いもの

・部屋は全部で50くらい必要


この5つのポイントを元に物件探しを始めました!


私は不動産屋さんには行かず、まずは自分でサイトを検索して調べることにしました。

様々な検索サイトがあると思いますが、私は同じ条件で複数のサイトを検索しました。

なぜなら、このサイトに載っていないけど、こっちには載っている!という物件が

意外とあるからです!


自分らしい空間作りのポイントとは別で、場所や家賃、築年数や駅から何分など・・・

自分にとって大切な検索ポイントを入力!


私の場合・・・(場所と家賃は伏せておきます笑)


面積:50㎡以上(間取りは絞らず)

築年数:特に気にならないので入力せず

駅徒歩:こちらも気にならないので入力せず

詳細条件:ペット相談可


ここからヒットした物件をひたすら見る!間取りや家の中の写真を見る!

そして私にとっての大切なポイントを満たしているかの確認をする!


正直この作業は、かなり時間がかかると思っていた方がいいと思います。笑

物件探しは縁!だと聞いたことがあります!

やはり簡単に自分にピッタリの条件を満たす物件は、なかなか出てきません。笑



検索サイトで探す他に、私が行った方法は住みたいと思っている町を歩くこと。

そして気になるマンションがあれば、マンション名を検索することです!

そうすると、賃貸があるのか?空きがあるのか?など見ることができます。

もし空いていなくても、過去の履歴などで家賃や間取りを見れる場合があります。

そこが条件的にピッタリなのであれば、あとは空室が出るのを待つのみ!笑


私の場合は、1つ空室のない気になるマンションを見つけました!



この部屋は全体で58.57㎡の2LDK。

リビング・ダイニングの隣接する洋室は、扉をオープンにすることができるので

そこを全てLDKと考えれば、全部で16.3帖。寝室は6.8帖。


・1LDKで条件はクリア◎

キッチンの前に置くカウンターがちょっとズレる?かもしれないけど

 気になるほどじゃないのでクリア◎

・リビングも広くなって条件クリア◎

・天井が高いマンションで、カーテンも綺麗に飾れそうで条件クリア◎

・全部で58.57㎡もバッチリ◎


なかなか良い感じで、レイアウトも出来るし部屋の雰囲気もバッチリ!

あとは空室が出るのを待つのみ!笑

この時、入居希望日より8ヶ月ほどあったので、ここをキープしつつ他も探すことに!



そしてついに検索サイトで募集中の物件を発見!それがこちら♡


こちらは全体で62.71㎡となかなか広めのお部屋!

全ての重要ポイントもクリアしていて、ダイニングテーブルも置けちゃいそう!

早速、内覧へ行くことに!


実際に見てみても、バッチリでとても気に入りました♡

だがしかし!!!内覧に行ったのは、入居希望日より5ヶ月も前!笑

不動産屋さんにも、そんな先の入居のために今契約は無理だと言われ・・・

大体は1ヶ月先、長くても1ヶ月半ぐらい先に入居という形じゃないと

契約するのはダメみたいです。


なので、私がここに住むためには・・・

・まだ住まないけど契約して家賃を払う

・希望日の1ヶ月半前まで、誰も入らないことをひたすら願う!笑

その二択です!


まあさすがに、住まないのに5ヶ月間も家賃を払うほどの余裕はないので・・・

物件探しは縁!という言葉を信じて

この物件と縁があれば、それまで空いているはずだ!!と思い

ひたすら願うことにしました!笑



とは言っても、他にもっと良い物件が見つかるかもしれないので

他も探しつつ、願いつつ、過ごすことに・・・

こうして私の物件探しは始まり、契約できる日が近づくと

「これが噂の物件探しは縁だということか!?」という出来事が・・・笑


次回vol.3、物件が決定しました〜!についてお話しします♩

続きをお楽しみに♡


閲覧数:38回0件のコメント

Comentarios


bottom of page